ホームへ戻る
PB工法ライト(新開発軽量FRP)
■特徴■
人に優しい。
   軽量FRP製で施工性抜群
○環境に優しい。
   ダークブラウンは自然になじみます。
○従来のコンクリート製品と効果は変わりません。

PB工法
重 量
H=300
8kg
 
 
 

PB工法ー1型(雪崩防止凸型ブロック)
■特徴■
○全層雪崩防止工法であり、法面に規則的に点在させて設置し、構造は簡易で
   防止効果が大きく、しかも施工が容易です。
○2次製品であり、ロックボルトで斜面に固定するため、どこでも簡単に設置
   でき、施工期間も短い。
○法面の植生を保護します。
 

PB工法ー2型(現場打ちタイプ)
■特徴■

○モルタル(コンクリート)吹付現場打タイプで、法枠工やモルタル吹付工との兼用が最適です。(同時施工ができ、法枠との一体構造とすることができます)
○経済性に優れ、工期が短縮できます。
○既設構造物に増設が容易です

○交通規制が困難な道路・構造物が隣接し、作業空間が少ない斜面での設置が可能です。

 
 
 

PW枠工法(雪崩防止杭工法)
■特徴■
○杭工は斜面に直角方向に設置し、丈夫を横材(ワイヤーロープ)で交互に連結することにより、網目状のワイヤー枠を形成し、積雪層の滑りを分割して阻止します。
○杭工の上部を相互に連結するので、局部的な雪圧が杭工の1本に作用しても、その局部的な雪圧を斜面全体の杭に分割し、転倒や破損を未然に防ぎます。
○杭工下部は、ロックボルトで地山に留めるので、法面補強のロックボルト等に兼用することができます。
○既設コンクリートや岩盤の斜面上にロックボルトで設置することができます。
 
 
 

 

Copyright (C) 2003 N-PSG.com. All Rights Reserved